ほうぼうで評判の良いSkyrimですが、あんまり面白く感じない。
いや、普通に比べればそりゃあ面白いんだけど、極端に面白いかというとそうではないというか、メタスコア95点ほどの面白さが見出せないというか、既にSkyrimプレイしつつもNVに戻っているというか。
FallOut3、Oblivion、FallOut:New Vegasとやっていちばん面白く感じたのがNVで、Oblivionはそもそも投げたという、おそらくだいぶ異端な人間だからそう感じるのかもしれないけど、なんだろう、雰囲気が気に食わない。戦闘がつまらんとかもあるけど、それより歩いててもたいして面白みを感じないというか。
あとは珍しく善人プレイしているからかもしれません。好戦的にはなれないし、盗みもできないのでわくわく感が薄い。RP失敗したか。
RPは3つくらい考えてあるから、まぁゆっくりプレイしよう。
でSkyrimですが、ドラゴン退治から戻って宿屋で一泊したら変なおっさんに勝負挑まれました。半裸とか、ただの変態じゃないか。

いやウィザードというか、ほとんど軽戦士なんですが。
魔法剣出したら魔法使いなら魔法で勝負しろと文句つけられる。怒りで血で踊るココさん。

呼び出しがあったので山を登る。爬虫類なので寒いココさん。
登り切ると爺ワールドでした。爺に囲まれて怯えるココさん。

角笛とってこいと言われてモーサルへ。
入った途端にドラゴンに襲われる。

慌ててコンパニオンから弓を借りて撃つ。ほとんど当たらないままに他の兵士やコンパニオンが倒してしまう。ドラゴンボーン必要ないじゃん。
クエストこなして戻ってきたらまた襲われる。なんだこの街は。餌でぶらさげてあるのか。

あとクエスト中にリディアさんが死亡しました。


 ヘ○ヘ
   |∧   うへぇー! 
  / 
たぶん乱戦になって間違って切ったな。仕方がないので一度リバーウッドに戻ってエルフの弓の人を入れる。

魔法はやっぱ駄目だ。
というわけでココさん編Skyrim。
リバーウッドからホワイトランへと行く前に、店などを回ってクエスト回収。困っている人を見つけたら助けられずにはいられないココさん。
黄金の爪が盗まれたという依頼を受けて、なんか山へ。爬虫類なので寒いココさん。
進んでいくとなんか出てきた。
と思ったら意外とたいしたことなかった。
変なおっさんを助けたり、追っかけたり、追い剥ぎしたりしながら奥へ進んで変な壁画。なんか取得。
なるほど、ドラゴンシャウトというやつか。
でもなんか使えない。うーむ。チャージとかあるし、条件があるのか。悩む乙女ココさん(18)。
とりあえず脱出。月がでかい。ロマンティックなココさん。

で、ホワイトランへ。
なんか変な女の人に鍛冶指導される。
今回声優さんが少ないのか、女も男もパターンが少ないのがなんだかなぁ。テキストが常に男口調なのは、英語と日本語の違いがある以上仕方ないと思うけど。それともUS版もパターン少ないのかな。
酋長のおっさんと魔法使いのおっさんと話をしたり、山昇って取ってきてたものを渡したり。

この辺で、魔法使ってるのがなんか厭になった。
なんかこう、炎出したりとか氷出したりとか、そういう魔法になんか拒絶感がある。もっとこう、大事に使ってほしい。うむ。
ちょうど王宮魔法使いの人が魔法剣の本を売ってたので路線変更、魔法剣タイプにすることに。

しかし魔法剣だと遠距離が攻撃できないのであった。ううむ、不便だな。まぁ片手剣だし、どうしても遠距離攻撃必要なときは破壊魔法使うようにしよう。
竜撃退したらリディアさんが仲間になってくれるそうなので、リバーウッドから連れてきたダークエルフのおっさんを解雇して仲間に。

Skyrim始めました。
MODやゴア表現について不安点はあるものの、初回はどうせMODも入れないだろうし、ということで日本語で。
朝六時からDL初めて、二時間かかりました。うへぇ。
で開始。なんかオプションからフルスクリーンにできないので、Mygame内のSkyrim/skyrimPrefsの
  • bFull Screen=0

  • bFull Screen=1
に変えてフルスクリーン化。あと4GBのやつ入れる。
今回の主人公、ココさん。アルゴニアンの雌。
魔術師系。
人間の集落で育ったので価値観が人間っぽい。普通に善人。人間になりたくて旅してる。イケメンに弱い。
ふたりのオッサンからひとりを選ぶ展開では、助けてもらってキュンとしたのでハドバルさんについていく。下半身で物事を考えるココさん。
無事脱出後、ハドバルさんから別れを切り出されたのに追いかけるココさん。いつの間にやら一緒に行動する展開になってた。昔の思い出とか聞いてキュンとするココさん。

家族に紹介されて胸キュンのココさん。

奥さんに牽制されたココさん。

依頼を受けたのでホワイトランへ。

0 コメント :

コメントを投稿

 
Toggle Footer