小説ラストクロニクル
決戦前夜


  • 時代1
  • 時代2
    • Turn 2 《呪殺》
      • 弱さは魂の死をもって代償とする。それがバストリアの掟だ。
    • Turn 3 《遥かなる地の奈落監視者》
      • 「アトランティカを襲った災禍の先鋒となったのは、巨大な赤眼を持つ疫魔の獣であった。それは最初北方の奈落から現れ……」 ~「災禍の黙示録 序章」より~
  • 時代3
    • Turn 4 《火葬場のオーク》
      • 魂を焼くには、魂の薪が必要となる。
    • Turn 5 《デス・ブリンガー》
      • そう、あなたたちにとって非業の死とは、いつでも他人の身に降りかかる運命の悪戯に過ぎない……私に出会うまでは。
    • Turn 6 《ナイトクドゥラク》
      • まさに悪夢といった様子だった。闇に魂を囚われた黒騎士にとって、今や仲間の屍とは踏み越えるものではなく――己の活力に変えるものとなった。
    • Turn 7 《伝承の紫炎》
      • それは禁断の炎だ……積み重ねられた時と受け継がれてきた知恵そのものが、燃え上がって敵を焼き滅ぼすのだから。
    • Turn 8 《女帝の呪雷》
      • その闇色の雷は、世界の哀しみと魂の孤独を凝縮してできている。
  • 時代4
    • Turn 9 《邪悪なる召喚》
      • ゴズは大陸の秩序を乱すべく、クロノグリフを改竄し魔力で作り上げた英雄を送り込んだ。呪疫の獣の力の一部すらも捨て石とし、世界により巨大な混乱をもたらすために……。


■登場人物
  • 《傭兵女帝 ベルスネ》
    • バストリアのベルシ森に隠れ住む種族、ダークエルフの長。
  • 《盗賊王 ギルスティン》
    • バストリアに暗躍する義賊。
  • 《黒騎将 ウーディス》
    • バストリアに突如として現れた謎の黒騎士。
  • 《疫魔の獣 イルルガングエ》
    • バストリアに出現した災害獣。




0 コメント :

コメントを投稿

 
Toggle Footer