ブースター第1弾に封入される予定のスターター以外のカードのうち、気になったカードの感想です。
 なお、以下で述べられているカードのうち、"死招きガニ"、"魂の帰還"、"七星剣"、"クロノウォーマシーン"、"雷火獣"はスポイラーとして以下のブログで明かされたカードです。

→TCG Source ~カードゲーム情報~ 『【速報】ラストクロニクル Vol.1 スポイラーリスト 2013年8月27日更新分』

 画像名から、公式のカード一覧から辿ったのではないかと思われるが、少なくとも現在では閲覧不可。そのため上述したカード、"死招きガニ"、"魂の帰還"、"七星剣"、"クロノウォーマシーン"、"雷火獣"の画像は、上のブログから拝借しました。他のカードは公式のフレーバー一覧より。


 突破は紫のキー能力じゃなかったのか。
 時代遅延は面白いと思う。突破とも噛み合ってるし。青は突破とそこまで噛み合うわけじゃないけど、ワイプやレベル変更、オーラ付与でアタック通すのは得意なので、使ってみたい。



 これも突破持ちで、スーサイド能力持ちなカード。
 攻撃したときと防御したときにダメージ受けるデメリット持ちなので、感じとしてはCARTEの"しつこい亡霊"に近いか。
 時代2で殴ると1:0交換2ダメージ、もしくは3点与えて2ダメージ。
 時代3で殴るとやっぱり1:0交換で2点突破で3ダメージ、もしくは4点与えて3ダメージ。
 遅くないデッキなら時代2-3だと悪くない気がする。時代4だとふつうに相打ちになるし、ちょっと厳しいかな。でも使ってみたい。



 一見して、2マナパワー2000に加えてCB持ちな上、CA2で、しかも攻撃したときに敵全体に2000とやばそうだけど、ATKが1なので少し考えてしまうカード。
 攻撃できるなら攻撃しなければならない=出したターン以外では確実にワイプしてる、なので、基本的に防御ができないから、ダメージレースになると厳しそう。基本的に、"有利な状況か拮抗している状況を有利にする"けど、"不利な状況を凌いで有利な盤面に変える"カードではないな。
 ただ時代4でかなり強くなるから、紫でコントロールデッキならかなり使えそう。


かなり怖いカードだと思う。
 CB能力と時代1でのPower2500は時代溜まらないことを考慮すれば良いとしても、ATK2なのと時代2でも2500なのが怖い。軽いマナをバウンスできるカードがあれば対処しやすいかもしれない。


そのバウンスカード。
 ただ2マナだし、ほかの軽い青スペルと違ってキャントリップついてないので、使い方はかなり限られるなぁ。速攻か、攻撃を通すことでアビリティ発動させるユニットの補佐用か。


時代4でCAヤードのカード4枚使うので、かなり遅いデッキじゃないと無理だな。
 しかもワイプする起動タイプのアビリティなので、出したターンは使えない。
 個人的には"ゼフィロンの風"みたいな速攻付与のカードと組み合わせて不意打ちしない限り、なかなかアビリティ使わせて貰えないんじゃないかと思う。まぁパワー低くないし、CBあるし、CAも2だし、ふつうに使ってもいいかな。


一方でこっちはかなり軽い盤面除去。
 王冠持ちダブルシンボルとはいえ、4マナはちょっと軽すぎるような気がする。
 白相手に下手に展開はできないんだけど、"王宮衛士隊"を考えると速攻のために展開せざるを得ないんだよなぁ。怖い。


武器はちょっと気になる。
 でも"シルヴァライトの冠"もそうだけど、見えてる脅威はあんまり好きじゃない。パワー増加自体は突破と相性良いんだけど。
 

 こんなところでしょうか。
 とりあえず突破が紫のキー能力ではないことが判ったので、紫黒か紫青で橙タッチで突破デッキがいいかなー。たぶん白には勝てないだろうけど。

0 コメント :

コメントを投稿

 
Toggle Footer