ふと、”幻影の渦潮”は指定が相手ユニットじゃないから、自分のユニットにも使えるなぁ、と思いついて試験的に組んでみたのです。


■青紫義経ヴォルテクス

ユニット - 34

時代SS名称PowAtkCACBSym枚数
1
2
星屑の精霊
2000
2
3
-
1
2/3
1
2
シグニィの風使い
2000
2
2
-
1
2/3
2
3
荒ぶるワイバーン
2500
2
3
-
2
3/3
2
3
ゼノビア
2500
+500
2
+1
2
-
2
2/3
2
4
戦場の雷狼
2500
+500
2
2
-
1
2/3
3
3
紫電の刺客アズラール
3500
4
2
-
2
2/3
3
6
源義経
3000
+1000
3
2
全体速攻
2
3/3
1
1
覇力の偶像
1500
1
+1
3
-
1
3/3
1
2
マジュラ沖の知恵者
1000
1
3
-
1
2/3
1
2
マジュラ沖のマーメイド
2000
2
3
-
1
2/3
2
3
イースラ水軍兵
2500
2
2
ワイプ
2
3/3
2
5
水弾の射手ウズメ
3000
2
2
-
2
2/3
3
3
霊薬師マキナ
3000
2
2
-
2
2/3
3
4
皇護の刃イズルハ
3000
2
1
ドロー
2
3/3
3
4
海部の将ミフネ
3000
+500
3
+1
2
オーラ
1
1/3

スペル - 9

時代SS名称PowAtkCACBSym枚数
1-4
3
サンダーアロー
-
-
2
-
1
3/3
1-4
4
嘆きの雨
-
-
3
-
2
1/3
1-4
4
雷流術
-
-
2
-
2
2/3
1-4
2
凍結
-
-
2
ワイプ
1
3/3

ヒストリー - 7

時代SS名称PowAtkCACBSym枚数
1-4
1
紫の宝樹
-
-
2
-
1
1/3
3-4
1
強襲の風穴
-
-
2
-
1
2/3
1-4
1
青の宝樹
-
-
2
-
1
1/3
1-4
3
幻影の渦潮
-
-
2
バウンス
1
3/3

 白の代わりに青を入れた青紫は以前から検討していて、そのときは第2弾のカードの情報が出始めた頃でした。

 キーパーツは、

  • 源義経
  • 幻影の渦潮

の2枚で、どちらも3積みになっています。

 ”源義経”の攻撃タイミングに合わせて”幻影の渦潮”を使うことで、相手の防御のボーダーが3000ラインではなく2500ラインになるというデッキです。


 さらに時代4だとほとんどバニラになる”源義経”ですが、”幻影の渦潮”を使ってPower 3500にすれば、相手のPower 4000を防御不能にさせられる

 実際使ってみて、相手の戦場にPower 3000が3体並んでいるタイミングで”源義経”→”幻影の渦潮”で3体拘束。ひゃっはー。
 その後に殴り返されて負けました。うむ、そううまくいかないな。やっぱり白と違って、攻撃を防ぐ要素が少ないのが厳しい。面白いけど。

 あとこのコンボは”源義経”が攻撃しないと”幻影の渦潮”が使えないという、”ロビン・フッド”のような欠点があって、そこをサポートできる効果が欲しい。

 具体的には、

・コンバットトリック
→”雨雲の魔術師”か”結界の社”しかないし、見えているので効果が薄い。

ではなく、

・オーラ付与
→一般的なオーラのPowerのラインが3000(”皇護の刃イズルハ”や”ルシファー”)以下なのでPower 2500のオーラ持ちに相打ち食らう可能性は低い。

 がいいんじゃないかなー、と思いました。
 防御時に単体の効果でオーラを防御できる可能性のあるPower 2500ユニットを挙げてみると、
  • 命なき者の王 ロヴォス
  • 虐殺森のスケルトン
  • モロクの火番 (CAヤードにCA1のカードがあるときのみ)
  • 月渡る怪鳥
  • 流水の武者巫女
くらいのもの。
 ちなみにPower 3000のオーラ防御だと、
  • ラーンマジックナイト
  • 聖なるケルベロス
  • ヴァイスライダー
  • アースドラゴン
  • 聖地の守り手
  • ルシファー
  • 皇護の刃 イズルハ
  • 転生の剣士

 と数が増えるうえ、”ルシファー”や”イズルハ”は構築では一線級なので、心配するのはけして杞憂にならないのです。


 そういうわけでオーラ付与をいくつか入れてみてもいいかなー、と思いました。

0 コメント :

コメントを投稿

 
Toggle Footer