ラストクロニクル第3弾のプレリリースシールドに参加してきました。
 現状、どのへんまで明らかになっているかわかりませんが、簡単にスポイラーと個人的な感想です。




 1マナの雷力師。
 単体としては非常にアレだけど、効果は非常に優秀。


 やはり1マナからソウルバーストユニットと雷力師。
 どちらも”見習い雷力師”とは異なり、1500/1と1マナとしては最低水準を満たしているうえ、”雷力の飛刃使い”に至っては条件で非常に優秀なユニットとなりうる。
 これまでまともな1マナユニットがいなかった紫を変えうる2枚。


 似たようなカードから2枚。
 どちらも”速攻”持ちで、ターン終了時に自動で自己バウンスが発動するユニット。
 ウィニー向きと思われるが、全体除去対策にも面白いんじゃないかと思える。


 雷力師から2枚。
 雷力術デッキなら使うのだろうけれども、それ以外だと既存のカードと取って代わるほどではないか。


 既存のカードと組み合わせて使うなら、”雷流術”とのコンボがありえるか。
 しかし第3弾で使うならやっぱり、”オグ・シグニス”と組み合わせて使いたい。



 サイズやATKが時代にしては優秀な2枚。
 特に”腐肉の大飽食家”はデメリットが小さいわりに、Power 3000と非常に優秀。


 ステータスは地味だが、能力が非常に強力。
 特にシールドではマナを伸ばしやすいため、2番目の能力が使いやすい。また1番目の能力はプレッシャーをかけるのに有効。
 構築だと、いかにこのユニットが生き残るかを考えるべきか?


 時代3で成長する2500ライン。
 デメリットもつくが、ステータスの優秀さを考えるとデメリットは小さいか。
 とはいえCA2で、構築だとあんまり採用されるカードではない気がする。


 ふつうに使うと2:1交換になってしまうが、止めに使えるスペル。
 もしくは犠牲効果と同時に使うべきか。


 確定除去。
 1回しか使えず、ヒストリーの性質上自分のターンのみだが、1枚くらい入れておいてもいいかなー、というカード。
 少なくともシールドだったら、お守り代わりに入れておいてよいと思う。


「4マナでこのユニットを出します」
「はいはい、2500でATKは……、4!? なんですか、これ!?」
「なんでしょうねぇ」
「ATK4て……、ATK4て……」
「安心してください。時代3からは5です」
 そんなやり取りがあったカード。


 大型から2枚。
 ”サンドゴーレム”は3500ラインとしては重めなものの、CA3で効果も優秀。ただしATKがちょっと低めか。
 ”アースエレメンタル”は標準的な時代4ユニットだが、ソウルバースト持ちで前半から役立つ。


 シールドでは貴重なコンバットトリック。
 ほんとに突破のことしか考えていない性能だが、相打ち状況は少なくなく、CA3の1マナと考えれば悪くない。


 アリオンから2枚。
 白はアリオン推しが強いが、この辺の2枚はアリオン無視してもシールドなら使えなくもないライン。


 初見で見たとき、なんかおかしさを感じたカード。
 何がおかしいのかなー、と思ってよく見たらレベル1である。
 CA1多めのデッキで事故ったときにでも2500が出せるので、その点非常に優秀だと思われる。効果はシナジー次第。


 スペルから2枚。
 どちらもアリオン関係だが、”不屈の闘志”はアリオンでなくても使える。
 回復効果はいろいろ悪さできるし、単純にボード取るにも使えなくもないので、個人的にかなり強いと思います。CA3だし。


 なんか絵柄がちょっといやらしくないでしょうか。



 やったー、忍者だ!
 と思ったら効果は非常に地味。特徴はATK3と、蒼魔勢を対象としたCBくらいか。うーむ、忍者好きなんだけど。


 やはり蒼魔勢から2枚。
 アリオン同様、勢力デッキを作れる蒼魔勢であるが、現状だとアリオン以上に地味である。


 眷属版、”イースラの尖兵”。
 ただしエインハースがいるときは、非常に恐ろしい効果となる。


 先生昂ってますね。
 全体バウンスと組み合わせて使うと面白いと思います。


0 コメント :

 
Toggle Footer