先日のどこぞ《ウルスハの突風平原》というヒストリーがプレビューされました(見てないから曖昧すぎる情報源)。


《ウルスハの突風平原》
あなたのすべてのユニットのATKを+1すると共に、それらは『速攻』を持つ。
あなたのユニットが攻撃したとき、ターンの終了時に、そのユニットを手札に戻す。

 ATKパンプ効果があるため、一見すると速攻用のカードに見えますが、その実、コストが3と重いため、《皇護の刃 イズルハ》のような強力なCIP効果を持つユニットを使いまわす方向で使うべきなのではないかといわれています。
 そんな《ウルスハの突風平原》を使うデッキを思いついたのでプレリ前ですが平常運転でデッキ作成。

■白紫t青 龍王平原
ユニット - 35

時代コスト名称PowAtkCACBSym枚数
1
1
白き森のエルフ
1500
1
3
-
1
3/3
2
3
名乗りを上げる騎士
2500
2
3
-
2
2/3
2
3
ランスロット
2500
+1000
2
+1
2
-
2
2/3
3
3
還魂の戦司祭
3000
3
2
-
1
2/3
4
8
始祖龍の初孫
ラ・ズー
5000
5
1
犠牲
3
3/3
1
2
星屑の精霊
2000
2
3
-
1
3/3
1
2
風巡りの飛兵
2500
2
2
-
1
3/3
2
3
アルテミス
2500
+500
2
2
弱体化
2
2/3
2
3
飛雷宮の衛士
3000
+500
3
+1
2
-
2
3/3
3
2
アッティラ
3000
2
2
-
2
2/3
3
4
雲荒らしの雷吐き
3000
3
2
全体ダメージ
1
3/3
4
5
トール
3000
+1000
3
+1
2
サーチドロー
2
3/3
1
2
わだつみの声
アンジュ
2000
1
1
サーチドロー
1
2/3
4
5
女帝の奇兵
4000
4
2
トップ公開ドロー
2
2/3

スペル - 5

時代コスト名称CACBSym枚数
1-4
2
束の間の平和
3
-
1
2/3
1-4
4
雷流術
2
-
2
3/3

ヒストリー - 10

時代コスト名称CACBSym枚数
1-4
4
龍王の厄災日
2
-
2
2/3
3-4
2
ミョルニル
2
-
1
2/3
1-4
3
ウルスハの突風平原
2
-
2
2/3
1-4
1
時移しの魔笛
3
-
1
3/3
1-4
2
変幻の鏡
2
CB
2
1/3

 原型は、→紫白t黒巡り龍王

 キーカードは、
  • 《ウルスハの突風平原》
  • 《始祖龍の初孫 ラ・ズー》
  • 《変幻の鏡》
  • 《時移しの魔笛》

 時代3で《ウルスハの突風平原》、《変幻の鏡》、《時移しの魔笛》を出してから《始祖龍の初孫 ラ・ズー》を展開し、カテゴリ(音楽家)に変更しながらレベルを下げて殴り、ターン終了時に自己バウンスして使いまわすデッキです。

 最終目標は9マナで何かがおかしいように見えますが、前半上手く凌げれば、まぁ9マナくらいいくもんです。
 理想としては、白3マナに紫4マナ、青2マナあるとよいです。

 軸としてほかに騎士、建築家、ヒストリー、速攻(連弩の遊撃射手)、CIP増量(イズルハなど)、マルチ(イルミナ)などがありそうですが、安定感を考えてこういうかんじに。
 《ランスロット》は洒落乙枠。成功するとかっこいいし。


 まだ《風巡りの飛兵》と《飛雷宮の衛士》がお気に入りなので、第4弾でもこういう方向性になりそうな気がします。

 さて、明日はプレリに行きたいです。
 第2弾、第3弾のときはある程度プレリで手に入ったカードを出していましたが、最近は全カードの公開も早いし、ほかのところでも出してたりするし、なので、ほかのサイトなどで公開されていないカードがあれば、程度のスポイラーになるかと思います。

0 コメント :

コメントを投稿

 
Toggle Footer