《クロノグリフの暴走》を見て、時代4効果がすごく強そうに見えたので作ってみたデッキです。


■青t白蒼眞勢CBシャーベット
ユニット - 35

時代コスト名称PowAtkCASym枚数
1
1
蒼眞の浮き草巫女
1500
1
2
1
3/3
1
2
蒼眞の伝令
2000
2
3
1
3/3
1
3
トポカ宮の氷結術師
2000
2
2
2
2/3
1
3
蒼眞の隠密
2000
2
3
1
3/3
2
3
蒼眞の早馬
2500
2
2
1
3/3
2
3
蒼眞足軽大将
2500
2
2
2
3/3
2
3
グランドールの同盟兵
2500
2
2
1
2/3
2
3
蒼眞の剣華
ミスルギ
2500
+500
2
1
2
3/3
3
3
直江兼続
3000
3
2
1
3/3
3
4
蒼眞の刻読み
3000
3
2
2
3/3
1
2
懇願するエルフ
2000
2
2
1
3/3
3
4
聖なるケルベロス
3000
3
2
1
3/3
1
2
予兆の姫巫女
イルミナ
2000
+500
2
1
1
1
3/3

スペル -10

時代コスト名称CASym枚数
1-4
2
凍結
2
1
3/3
1-4
2
束の間の平和
3
1
2/3
1-4
4
生還
2
2
2/3
1-4
1+X
聖繕
2
1
1/3

1-2
3-4
4
交魂の予知夢
2
1
1
2/3

ヒストリー 5

時代コスト名称CASym枚数
1-3
4
3
クロノグリフの暴走
2
1
3/3
1-4
4
龍王の厄災日
2
2
2/3

 《クロノグリフの暴走》の時代4効果である、CB発動時のワイプユニット破壊効果を使っていくデッキになります。
 しぜんと (一般的ではない) CBデッキになるのだけれども、CBデッキだと時代発展が遅れるため《クロノグリフの暴走》の時代4効果がなかなか使えない
 なので発展が得意な蒼眞勢と白を混ぜてみる

 CA3が8枚きりだけど、《蒼眞の伝令》、《蒼眞の隠密》、《蒼眞の早馬》、《予兆の姫巫女 イルミナ》あたりがどうにかしてくれるはず。
 《蒼眞の隠密》は要らないかな?


 CBは24枚と何か不安な枚数。まぁほぼ1/2かな
 問題はCBの種類で、

  • ライフゲイン|******
  • ワイプ___|*****
  • ドロー___|*****
  • 破壊する__|***
  • オーラ付与_|***
  • 交換____|***

で、場に積極的に干渉できるタイプが非常に少ないので、CBが発動してもべつだんそこまで有利になるわけじゃないです。
 時代4までは、我慢我慢。

 時代4になると、CCで

  • 蒼眞勢が引ければ《直江兼続》の効果で1体をワイプ+凍結
  • CBが引ければ《クロノグリフの暴走》でワイプしている1体を破壊
  • 蒼眞勢かつCBが引ければ1体をワイプ凍結しつつ、既にワイプしている1体を破壊

できます。
 CB単体だと24枚だけど、CB or 蒼眞勢で見ると38/50なので、3/4くらいはなんらかの効果が期待できる。

 《直江兼続》と《クロノグリフの暴走》はいまいち噛み合わない (トリガータイミングが同時なので、《直江兼続》でワイプさせようとしているユニットは《クロノグリフの暴走》では選べない)ように見えるけど、時代4だと《直江兼続》の効果が2T持続するので、悪くないです。


 ダブルシンボルが少し厳しいけど、《生還》→《蒼眞の伝令》→《蒼眞の剣華 ミスルギ》みたいな動きできるとかっこいい気がする。

 ほか、たとえば《リチャード獅子心王》を混ぜて打点を上げたり、《青魔鋼の剣士》を入れて序盤の動きを安定させる案もあったけれど、今回はあくまで時代4が主眼に置いた形。
 《死招きガニ》や《女帝の奇兵》で時代4での動きを強くしてもいいかな。

 今回は時代4効果を使っていくデッキでしたが《クロノグリフの暴走》は時代1-3で速攻目的に使ってもいいかんじがするので、青紫あたりでCBウィニー (除去弱め)でも作ってみたいところです。

0 コメント :

コメントを投稿

 
Toggle Footer