古典(Classic)の対義語は現代(Modern)であるというのが一般ですが、物理学者に訊くと量子(Quantum)になります。
 それはさておき、《吹雪の姫神》が公開されたときに思いついた《雷雨の呼び手 アイスラ》+結合デッキです。


 まだ発売されていないカードを多分に含んでおりますが、このブログではいつものことなのでご了承ください。

■白紫青古典的アイスラ結合
ユニット - 35

時代コスト名称PowAtkCASym枚数
1
2
木下藤吉郎
2000
2
2
1
2/3
1
2
ドン・キホーテ
2000
+500
2
3
1
3/3
2
3
慈光の聖者
トエト
2500
1
2
1
2/3
2
3
聖女教皇
ファムナス
2500
+500
1
+1
2
2
2/3
1
1
小炎精
500
1
3
1
3/3
2
2
雷雨の呼び手
アイスラ
2500
+500
2
2
2
3/3
2
3
荒ぶるワイバーン
2500
2
3
2
3/3
3
5
紅蓮魂の手裏剣使い
3000
3
2
2
2/3
4
5
トール
3000
+1000
3
+1
2
2
2/3
1
1
吹雪の姫神
1000
1
1
1
3/3
2
2
氷魂の時魔導士
1500
1
3
1
3/3
3
3
理力の銛打ち
3000
3
2
1
3/3
3
3
海理の闘将
アマツミ
3000
+500
3
+1
2
1
2/3
1
2
予言の姫巫女
イルミナ
2000
+500
2
1
1
1
2/3

スペル - 9

時代コスト名称CASym枚数
1-4
2
白輝の鼓舞
2
1
3/3
1-4
1+X
聖繕
2
1
1/3
1-4
4
雷流術
2
2
3/3
1-4
1
新世の導き
2
1
2/3

ヒストリー - 7

時代コスト名称CASym枚数
3-4
2
シルヴァライトの鉱脈
3
1
1/3
4
2
エクスカリバー
2
2
1/3
1-4
4
墨俣城
2
2
2/3
1-4
4
龍王の厄災日
2
2
1/3
3-4
2
ミョルニル
2
1
2/3


 《雷雨の呼び手 アイスラ》にユニットを結合すれば、補助無しに5000到達するぜいぇいいぇい、というコンセプトです。

 実際は現状公開されている中だと、《紅蓮魂の手裏剣使い》以外は結合1枚では5000に達することができないため、《墨俣城》や《聖女教皇 ファムナス》による+1000のサポートも組み込んでいる形。
 
 結合は除去されるとそのぶんだけ損なので、《雷雨の呼び手 アイスラ》以外の被結合ユニットとして、アンタッチャブルになれる《海理の闘将 アマツミ》なんかも含んでいます。
 また、時代上げれば《氷魂の時魔導士》がアンタッチャブルになるので、相手の行動に合わせて《新世の導き》や《理力の銛打ち》できると理想的です。


 《紅蓮魂の手裏剣使い》を結合すれば、《雷雨の呼び手 アイスラ》が恒常的に5500-6000/5になるということで、《エクスカリバー》によるパンプアップと同サイズなことに驚愕しております。
 《エクスカリバー》のほうが3マナ軽いし対象を変更できるけど、対象は変更できない代わりに時代に依らず恒常的に効果が発揮される《紅蓮魂の手裏剣使い》はかなり使いやすいだろうなー、というのが現状での私見です。


 今回はコンセプト的に《雷雨の呼び手 アイスラ》に付与するのが主なので《紅蓮魂の手裏剣使い》を結合させても除去されやすいのが問題ですが、レベル2の3-4コスト非EPICユニットに付与するのならかなり面白そうです。AAもついてくるし。

0 コメント :

コメントを投稿

 
Toggle Footer