ロックだ! ロックに生きる!

 RではなくLである。
 ハンドロックについてはまともかかどうかは兎も角前回行った。

 手札、土地(SS)のほかに、ラスクロにはロックできる部分がある。
 第1弾の頃から提唱されてきた要素のひとつ、時代ロックである。

 正確にはCAヤードの破壊であり、相手の時代発展を間接的に阻害することで大型ユニットのコンバットや高時代での効果を阻害する。
 が、未だにCA破壊が可能なのが第一弾の《死招きガニ》と《創造的破壊》しかいない


 《創造的破壊》はCA3を破壊してCA2にすることができる可能性があるということで、相手の発展を1ターン遅らせられる可能性があるというのは書いてある内容ほど悪く無いような気がしないでも無いけれど、長期的なロックを考えるとCA3を引かれた時点でスタック組まずに発展されてしまう(メイン1誘発の《ジークフリート》を使えばとりあえず割り込むことはできるが)。

 そういうわけで実質的にCAヤードの破壊が行えるのは《死招きガニ》だけなのだが、

  • コストが5で重い
  • レベルが4で動き難い
  • 非EPICかつカテゴリが【海獣】なのでサーチが困難

とロックしたい序盤に動き難い要素が揃っている一方で、

  • レベル4・5コストとしては及第点の4000/4サイズ
  • 突破持ち

と一度動き出してしまえば攻撃を通しやすくはなっている。
 出すことが重要なのだ。出してさえしまえば、除去されにくく、突破があるので犠牲効果やワイプされなければダメージを通せる。

 単純に《電撃戦》で出すという方法はある。
 出したあとは《祈りの護衛士 アルル》や第7弾から登場した《復活の加護》で戦場に残すことができる。あとはレベルや時代を誤摩化せば殴れる。
 が、ディスアドバンテージが厳しい。

 もっとこう、レベル4のカードをサーチしてそのまま配置できるカードって無いかなぁ……。

 あった。

 《ロードス島の巨像》である。


 登場直後は、「《始祖龍の初孫 ラ・ズー》に合わせられる」という評判をしばしば聞いたものの、実際に使われることは皆無であり、またそれ以上のシナジーもあまり検討されなかった。
 《覇王拳神 ベルカ》を中心とした横に並べるデッキが主流だったため、《始祖龍の初孫 ラ・ズー》による全体除去は刺さりそうなものだが、なぜ使われなかったかと考えてみると、

  • 単純に速度が足りない
  • 《ブーディカ》で破壊される
  • 大量展開されてサイズが上のユニットが降ってくるために準備条件を満たせない
  • ダメージを与える・与えないの選択肢が相手にあるため、最悪《鬼神酒の大族長 ジルオーラ》でかわされてしまう
といったあたりだろうか。時代が悪かった。ラスクロだけに(最近個人的に流行っている言い回し)。

 だが《ロードス島の巨像》、実際に使ってみると自分のターンでも準備が外れるため、条件達成はそこまで難しくは無い。
 先行1手目で出せれば、その時点でほぼ準備は4つ外れると見ていいだろう。
 最短で6手目前、悪くとも相手がバーンとかでなければ9-10手目には出てくる。

 PIGドローもついているため、出した後はふつうにコンバットしていればいいのだけれども、可能ならば守護(まも)りたい。
 もともと《電撃戦》+《祈りの護衛士 アルル》を想定して白が入っているのならば、《賭身の修復士》や《絶対障壁》で守護(まも)ることができる。いや、守護(まも)らねばならぬ。

 デッキが、完成した。

■紫青t白電撃巨像カニロック
ユニット - 35 (10)

時代コスト名称PowAtkCA枚数
1
2
祈りの護衛士
アルル
2000
+500
2
2
3/3
2
3
暁光の御使い
2500
2
2
2/3
4
8
始祖龍の初孫
ラ・ズー
5000
5
1
2/3
2
3
荒ぶるワイバーン
2500
2
3
3/3
3
3
渦巻く曇天荒らし
3000
2
3
2/3
3
4
龍魂の戦乙女
シルヴィア
2500
2
2
2/3
4
5
目覚めし雷古龍
4000
4
2
2/3
1
1
受け流しの波濤使い
1500
+500
1
+1
2
2/3
2
2
氷魂の時魔導師
1500
1
3
3/3
2
2
海賊御前
イサーラ
2500
2
2
2/3
2
8
蒼世の女剣神
イズルハ
3000
+500
3
2
1/3
3
3
飛沫の踊り手
3000
2
3
2/3
3
3
理力の銛打ち
3000
3
2
2/3
4
5
死招きガニ
4000
4
2
3/3
1
2
電光石火の騎士
2000
+500
2
2
2/3
3
3
火剣の大天使
2500
2
2
2/3

スペル - 8 (2)

時代コスト名称CA枚数
1-3
4
2
炎術弾
3
3/3
1-4
3
電撃戦
2
3/3
1-4
1
見切りの心眼
3
2/3

ヒストリー - 5 (2)

時代コスト名称CA枚数
1-4
1
ロードス島の巨像
2
3/3
1-4
2
静寂のハンドベル
3
2/3

ストラクチャ - 2 (2)

時代コスト名称CA枚数
1-4
3
バトルシップ
天砂の息吹号
3
2/3

 守護(まも)らねばならぬ、と言いながら《賭身の修復士》がいつの間にか抜けているが、そこは仕方が無い。所詮は本部である。
 《電撃戦》と青の時代コントロールに枠を裂いたので、白の枠が無くなってしまったのだ。

 そもそも破壊されれば、PIGが誘発するのでそこまで痛手ではないのだ。
 怖いのは《ロードス島の巨像》のTAが打ち消されてしまうことである。


 特に第7弾ではCA3で起動に1マナしか要しない《静寂のハンドベル》が登場したことで、トリガーアビリティが打ち消される可能性が上がった。
 が、《因果断ちの一閃》ではなければ《見切りの心眼》で打ち消すことができる。公園で刀を持っていれば完璧なのだ。本部が強くて何が悪い。


 さらに《ロードス島の巨像》のみならず、《電撃戦》+《祈りの護衛士 アルル》でも《死招きガニ》を出す。可能なら、《氷魂の時魔導士》のようなレベル下げや《受け流しの波濤使い》の時代錯誤を使って《死招きガニ》を動かし、殴り続ける。

《電撃戦》+《死招きガニ》による蟹ロックの最大の利点は、後手でも相手が発展するまえに3手目で蟹ロックをかけられるという点であろう。
 これまで幾度となく議論され続けて来た、先手後手の差。

 それを打ち消す。

 粉々に打ち砕く。

そのためのデッキとして、完璧である。
「神心会のデンジャラス・ライオン」と呼ばれた男が主人公のライバルになるのは間違いないというくらいに完璧だ。

 早速店舗大会で実践する。なお、人数が3人で最悪2パック貰えることは前回確認済みである。

VS. 紫黒青CB
 後攻。先攻。
 初手で《ロードス島の巨像》が見えた……! けれどマリガン。ほかが重過ぎた。
 色が怪しく、特にユニットも出ないまま3手目で《暁光の御使い》→相手の返しで《大飛空塞 炎府城》。
 あ、あかんはコレ、と思ったら《バトルシップ 天砂の息吹号》が時代発展に合わせて捲れる。入れてて良かったストラクチャ。
 《炎府城》を割ってわちゃわちゃしたものの、いまいち攻めきれず、バーンとオーラで着々と削られてライフ1。

 そうこうしているうちに時代3で何故か《死招きガニ》が手札から着地
 《氷魂の時魔導士》と《理力の銛打ち》で安全圏まで到達しつつ、相手の時代が2で遅れていたため殴る、殴る、殴る。
 お、これはいけそうか、と思いきや《時使いの長 オルケン》と《鉄の鳥籠》がある状態でブロックと別のユニットの《魂爆弾》でドレインされて無事敗北。

VS. 白黒コントロール
 後攻。まずい、「このデッキは先攻を取りやすい」とさえ言えない。
 初手で《ロードス島の巨像》。
 やったぜ、と思いきや2手目でユニットが出ない。相手は2手目で《夜を盗むもの ライーサ》が出たため、2ターンに一度しか準備カウンターが外れなくなる。

 時代3。《理力の銛打ち》+《氷魂の時魔導士》と《蒼世の女剣神 イズルハ》でわりかし場がいいかんじに進んでいる状態で《ロードス島の巨像》の準備が終わる。
 →返しに《龍王の厄災日》。
 場が席巻されたものの返しに時代4《龍魂の戦乙女 シルヴィア》+《氷魂の時魔導士》、《死招きガニ》+《氷魂の時魔導士》と置いていったものの着実に重ねられていったライフ31点の前には勝てず《禍福の熊猫》で削られて敗北。

 0-2。んんんんんー!
「アンタじゃ無理だ、俺が代わる」と言われた瞬間にサンドバッグの中で発見されたくらいに負けた。

 いやいや待て待て、今回はわりと悪く無かった。
 →日誌/ラスクロ、白紫t青戦術妖精・電撃神風(クラシック)のときとは違い、相手が2-3ターン前後不覚に陥って意識を失ってくれていれば勝てたかもしれない程度には戦えた。

 もう少し、もう少し何か無いだろうか。
 《ロードス島の巨像》では完全にダメージを受けなければともかく、普通に進行すると登場が時代3頃になってしまい、時代ロックには遅すぎる
 やはり《電撃戦》しかないのだが、《電撃戦》ではあとが続かない。2枚のディスアドバンテージが痛いし、《祈りの護衛士 アルル》で残したとしても時代錯誤やレベコンが上手く進行しにくい。

 《電撃戦》と《死招きガニ》を何度も使えれば、速攻も付いてレベルも1になるのに……。

 ん? レベル1になる?

 レベル1に……。


 ゆ、ユセナ電撃戦カニ調達戦術ティターニアロック……!?
 名前からして駄目な気がしないでもないが、それでも明日はやってくる。

6 コメント :

  1. 読み物として楽しいです!
    デッキ開発頑張って!!

    返信削除
    返信
    1. >>読み物として楽しいです!
      うっひょう、悪気がまったく感じられないけど良くも悪くも心に突き刺さるコメントありがとうございます。
      頑張るよ! 頑張ってブン回ったら地雷として上位者に勝てるようなデッキを作るために頑張るよ! 勝ったあとに「いやぁ、ランクX位の○○さんだけど、実は前に勝ったことがあるんだよね」と一回の栄光を言いふらすために頑張るよ!

      削除
  2. ユセナはモーツァルトとかシューベルトとかハスティとか老練な盗賊とか…
    夢は運んでくれるけど、厳しい現実も教えてくれる良ユニットだと思います(現実を見つめすぎた目)

    返信削除
    返信
    1. コメントありがとうございます。現実は見ません。
      《光波の聖剣士 ユセナ》は夢があると思うんですよねー。三つ編みでかわいいですし。三つ編みですし。あとまぁ、三つ編みですし。三つ編みなのも見逃せません。
      惜しむらくは【ヘルネブ】というカテゴリがレムリアナに存在していない可能性があり、今後のシナジーが期待し難いことですが (もともと期待できなかった気がしますが)。
      アド取る方向ではなく、アドを失って血反吐を吐きながらでもロックすることに尽力すれば(挙げていただいた中だと《モーツァルト》でSSロックとか)、なんとか輝けるんじゃないかなぁウフフン☆ と夢想する今日この頃です。現実は見ません。

      削除
  3. ユセナをよく使ってるので、「これで日の目が!?」とか思いましたw
    まぁ使ってるのは、青単アイネバウンスロック+モーツァルトなのでどっちかというと、アイネが強いとは思いますが・・・orz

    返信削除
    返信
    1. コメントありがとうございます。
      最初に言っておくと、このブログは環境に背を向けながら前方にバク宙をしているようなブログなので、ここで話題に上がるということは陽の目どころかむしろ斜陽の状態、いやむしろ地中に埋まっている可能性さえあります。
      《極海の宝声 アイネ》は確かに強いですが単体では動いてくれないので、《光波の聖剣士 ユセナ》でサポートしてあげるという役目を持つ点で非常によろしいカードだと思います(強いとは言ってない)。三つ編みですし。

      削除

 
Toggle Footer