ラストクロニクル発売に伴い、買ってみました。対戦するかわからんけど。
 箱(15パック; 4000円超)買い……、おっとなぁー!

 いやなんか一部の大人はカートン(12箱)買うらしいですが、そんなのは老人買いだ。

 現在ラストクロニクルはオンライン同期やプレゼントキャンペーンのために、トレジャーカードというものが付いてきます。はずれのカードはゲーム用のカードと同じ形状で、5ヶ国の綺麗な絵が描かれています。
 特に使い道はないんですが、とても素敵なので使いたいなー、と5秒ほど悩む。

 完成。


 なんぞこれ、と思う人がいるかもしれないので念のため説明すると、ライフカウンターです。
 左辺が十の位、上辺が一の位になっていて、それぞれをスライドさせることでライフを数えてくれるくんです。

 ラストクロニクルの前哨戦でライフカウンターを持っておらず(というかデッキ以外何も持ってこなかった)、すいませんすいません言いながらライフカウンターを借りたわたしですが、遂に自作する域に達した次第。


  • 長所
    • 手頃なサイズで持ち運びが容易。
    • クリップがしっかり固定するので、たとえ落としてもずれたりしない
    • 最大で29まで数えられるので、ルールブックより強い。
  • 短所
    • 見難い(特に反対側から)。
    • 漂うチープ感
    • なんかすぐ劣化しそう。


 左が十の位、(だいたい)右が一の位で直感的だと思いますが、分かれてるのは判りにくいよね。四辺全部使って移動させるほうがもっと直感的で判りやすいかも。
 ほんとは最初は中央にピン打って、時計みたいに針出してライフ刻んでいくのを考えたのですが、適当な部品がなかったので諦めました。

 まぁチープな出来なのですが、こういう手作り系はけっこう好きかも。
 栞とか好き。


 上はCARTEのラジアさんで作った栞。台紙用紙で高画質出力して透明クリップで留め、ストラップ用の紐を巻いてる。
 真ん中が今回作ったライフカウンター。
 左下はゴディバのチョコ貰ったときに包み紙が綺麗だったので作ってみた。外袋はお守りだったもの。
 こういう適当な手作り品が好きです。うんまぁほんというともっと綺麗に作りたいけど!

 ぶっちゃけ見難いし、ぱっと見で、「なんぞこれ」と思われそうな物体なので、大会にお邪魔したときに使えるかどうかは怪しいですが(少なくとも使っても良いか聞かなければいかんだろうなぁ)、どうせはずれのトレジャーカードは使い道がない(はず)なのでいろいろ作ってみたい。

 今回グランドールのトレジャーカードを使ったのは、余っていたからというのもありますが、背景が白っぽいので黒で書きやすかったからです。
 次回は時計っぽい感じで青か紫で作りたいなー。

 で箱開けた中身とそれで考え付いたデッキと、面白いと思ったカードに関しては次回。

0 コメント :

コメントを投稿

 
Toggle Footer