《変幻の鏡》使って、ソウルチェンジ先確保? カテゴリでシナジー?


 甘ぇ甘ぇ、全部乗せよ!

 というデッキ。

■青t橙キャスリングミラー

ユニット - 40

時代マナ名称PowAtkCACBSym枚数
1
2
わだつみの声
アンジュ
2000
1
1
サーチドロー
1
2/3
1
2
時の巫女
2000
2
3
-
1
3/3
1
2
征地の奇兵
2000
2
3
-
1
3/3
2
3
海の義賊
2000
1
2
-
1
2/3
2
3
軍馬の奇兵
2500
2
3
-
2
3/3
2
3
盤上自在
シュン・カー
2500
2
2
-
2
3/3
2
5
水弾の射手
ウズメ
3000
2
2
-
2
2/3
3
4
アン・ボニー
3000
+500
1
2
-
2
2/3
3
4
皇帝の奇兵
3500
3
2
-
2
2/3
3
5
キャプテン・フック
3500
3
2
-
2
2/3
4
5
女帝の奇兵
4000
4
2
ドロー
2
2/3
4
5
死招きガニ
4000
4
2
CA回収
1
2/3
1
2
ギサの賞金稼ぎ
ネアルピ
2000
1
2
-
1
2/3
2
3
坑道掘りの達人
2500
2
3
-
2
2/3
2
6
土皇の子
エルトバウテル
3500
2
2
-
2
2/3
3
3
アースドラゴン
3000
3
2
-
1
3/3
3
6
グレーターマンティス
4000
4
2
-
2
2/3

スペル - 6

時代マナ名称CACBSym枚数
1-4
4
郷愁の唄
3
-
1
2/3
1-4
1
原祖返り
3
-
1
2/3
1-4
4
オーラブレイク
3
-
2
2/3

ヒストリー - 4

時代マナ名称CACBSym枚数
1-4
1
時移しの魔笛
3
-
1
2/3
1-4
2
変幻の鏡
2
CB
2
2/3

 鏡の使い方としては、
  • カテゴリ(人魚)にして《水弾の射手 ウズメ》のSC先確保
  • カテゴリ(ノーム)にして《土皇の子 エルトバウテル》のSC先確保
  • カテゴリ(海賊)にして《キャプテン・フック》によるオーラ付与
  • カテゴリ(アリオン)にして《海の義賊》によるドロー
  • カテゴリ(音楽家)にして《郷愁の唄》と《時移しの魔笛》を使用
  • カテゴリ(兵棋)にして《盤上自在 シュン・カー》によるレベル変更とオーラ
  • 相手をカテゴリ(兵棋)にして《盤上自在 シュン・カー》からのオーラ破壊
7種類。
 ちなみに相手がカテゴリ(アリオン)デッキだったり、カテゴリ(建築家)デッキだったりする場合はもっと使用用途が増えます。


 そんだけ確保してるなら、《変幻の鏡》は3積みでもいいんじゃないかと思ったけど、《わだつみの声 アンジュ》があれば大丈夫だろうということで2積み。

 地獄のように遅いデッキのくせにコントロール要素が薄いのが厳しい。
 もうちょいまともにするんなら、いくらか《変幻の鏡》要素薄めてコントロール要素増やすべきかなー。最低限、《エインハースの大渦》でもないと押し込まれたらもう何もできない気がする。


 橙15枚なのに、《坑道掘りの達人》、《グレーターマンティス》、《オーラブレイク》と橙のダブルシンボルがちょっと厳しい。
 まぁ白12枚で《ヴェスの僧兵》入れてた頃よりはぜんぜん楽かな。《ギサの賞金稼ぎ ネアルピ》をカテゴリ(海賊)かカテゴリ(兵棋)にしてオーラつければマナに余裕ができるだろうし。


 《ギサの賞金稼ぎ ネアルピ》の効果発動のためのストレート用件のうち、2-5帯はそこそこだけど、1マナだけ《時移しの魔笛》と《原祖返り》しかないのがきつい。

2 コメント :

  1. 実用性はともかくとしても、かなりギミックが練りこまれてて面白いですね。
    SCと音楽家以外は見たとき思わず爆笑してしまう程、意外な使い道でした。
    なるほど、こういうデッキもいいな……。

    返信削除
    返信
    1. 《海の義賊》しかアリオンがいないカテゴリ(アリオン)、本体が重いカテゴリ(海賊)は無理矢理組み込んだ感がありますが、《盤上自在 シュン・カー》とカテゴリ(兵棋)のシナジーは一笑に付せるものではないなー、と思います。
      レベル変更だけではなく、《盤上自在 シュン・カー》のワイプアビリティによるオーラ付与が可能なので、《星屑の精霊》のような突破対策も越えていけますので。
      なのでもうちょいまともにするんなら、音楽家増やして《死招きガニ》を時代2で動かすとか、オーラ破壊は捨てて黒あたりと組んで兵棋シナジー増やすと強いかもしれません。

      削除

 
Toggle Footer