WARNING!!
A HUGE BATTLESHIP
KING FOSSIL
IS APPROACHING FAST

 例によって今回の《幻影剣士 アスカ》の画像はSigsさんのブロマガからお借りしております。

Sigsさんのブロマガ
→Chronicle Notes 第6弾 聖暦の覇者

 これに関連するわけではないですが、今回記事の下のほうでリンク追加のお知らせがありますすいません(ザ・先に謝る)。

■白紫青アーサー漁師シルバーホーク
ユニット - 34

時代コスト名称PowAtkCASym枚数
1
2
祈りの護衛士
アルル
2000
+500
2
2
1
2/3
2
3
ヴェスの僧兵
2500
2
2
2
3/3
3
5
アーサー
3500
+500
2
+1
2
2
3/3
1
2
サンダースピリット
1500
2
3
1
2/3
1
2
疾風の弓使い
2000
2
3
1
3/3
3
4
砕嵐の大精霊
3500
3
2
2
2/3
3
6
源義経
3000
+1000
3
2
2
2/3
1
2
蒼魔の伝令
2000
2
3
1
3/3
2
3
蒼魔足軽大将
2500
2
2
2
3/3
2
3
幻影剣士
アスカ
2000
+500
2
+1
2
1
2/3
3
3
理力の銛打ち
3000
3
2
1
3/3
2
3
青魔鋼の剣士
2500
2
2
1
1
3/3
1
2
電光石火の騎士
2000
+500
2
2
1
1
3/3

スペル - 15

時代コスト名称CASym枚数
1-4
2
魂の安息
3
1
2/3
1-4
2
白輝の鼓舞
2
1
2/3
1-4
3
時空の聖視
2
1
1/3
1-2
3-4
1
嵐の進撃
3
1
3/3
1-4
3
電撃戦
2
2
2/3
1-4
3
雷素の励起
2
1
3/3
1-4
3
ロジカの幻灯術
3
1
2/3

ヒストリー - 1

時代コスト名称CASym枚数
1-4
4
龍王の厄災日
2
2
1/3


■キーカード

  • 《アーサー》
  • 《理力の銛打ち》
  • 《電撃戦》


 時代2以上でCA≧12の状態で、《理力の銛打ち》により時代を4まで押し上げた上で《アーサー》のフィールドアビリティを発動させ、オーラ15点で殴りかかるデッキ。


 《電撃戦》は要らないような気がしますが、《電撃戦》で《アーサー》を出す場合、単純に速攻が付与されるというメリットのほかに、2-3マナ程度余裕ができるというものがあり、《理力の銛打ち》のアビリティ使用コストに流用できます。
 さらに2コスト余れば《魂の安息》や《白輝の鼓舞》を使う余裕が生まれ、これによって《束の間の平和》や《聖光印の捕縛》を無力化できます。

 《アーサー》の攻撃は時代4にしても15点で頭打ちのため、序盤にダメージを与えることが重要です。
 なので他のカードは《ヴェスの僧兵》、《疾風の弓使い》のような防御不可付与/ワイプ効果や、《青魔鋼の剣士》のような軽めのオーラユニットなど、全般的に攻撃を通すためのもの。
 さらにオーラブロッカーとしては《関羽》が主流であることからの《源義経》を導入しました(*1)。


*1. 《アーサー》の能力使うために《理力の銛打ち》の効果使うとPow 4000になってしまうため、《関羽》はすり抜けられないのであった(コメント参照)。まいがっ。


 ほかのオーラ持ちでブロックできるユニットは、オーラ剣士がいささか怖いものの、《雷素の励起》で焼ける範囲なのでそこまで問題ではないかなー、と思いたい。

 その他、6弾からのカードとしては、
 《幻影剣士 アスカ》は紫ユニットが場に居れば2000/3でオーラ速攻なので、序盤に殴るのに適しています。


 《砕嵐の大精霊》は異能を使用せずに場に出せば、そのターンのみレベル2の3500/3の速攻ユニットであるため、3点ダメージを与えやすいです。

 カラーの性質上、時代マーカーを表返す手段が《ロジカの幻灯術》しかないので、《罰理の審問者》や《理力の抑止》がだいぶん辛い。
 その場合は《嵐の進撃》などで一気に畳み掛けるしかないので、そういう状況を想定して《烈風の弓使い》や《シグニィの風使い》でも入れたいところ。



 ラスクロ関連のリンクをページ下部(ドス黒いところ)に設置し、個人的によく見るウェブページを追加しました。
 ウェブサイトってリンクフリーですよね教なので、特に許可を取らずに貼っています。
 リンク貼るなよッ! PEッ! という方はご連絡ください。ここに書いてあったという事実ごと削除します。
 ちょっと動作が不安定なので、見えない場合があるかもしれませんが、その際はブラウザなど報告していただければ幸いです。

 今回追加させていただいたのは以下のサイトです。

Chronicle Notes (Sigsさん; → http://ch.nicovideo.jp/sig_amaoto )
 名前通り、ラスクロに関する纏め記事を扱っているサイト。
 情報が早いのはそれだけで価値がありますが、それ以上にこちらの記事は見た目が非常に綺麗で、見易く纏まっています
 さらにスポイラーされたカードのテキストが文章化されているため、検索などにも対応しており、使いやすい・見易い・美味しいと3点揃っています。
 単にカードの情報だけではなく、大会情報やオンラインのプレイマット画像など、ラスクロの情報は公式よりもここを見た方がわかりやすいんじゃないかというレベルであり、何かあるたびに参照させていただいております。今回の記事も、《幻影剣士 アスカ》の画像をお借りしています。
 リンク貼ってもらったから持ち上げているわけではありません、と書くと無理矢理褒めているように見えるから不思議ですね?

うわさのあれってどうなの (うわさのあれさん; → http://blogs.yahoo.co.jp/aeyskl6 )
 ゲームに関する記事を書かれているサイト。
 大会記録やデッキレシピの記事が中心です。自分ではできない発想があるので、最近はあまりラスクロの話題がありませんが定期的に閲覧させてもらっています。
 過去だと、特に→【ラスクロ】蒼眞勢 青黒の記事がすごいなぁ、と思っていて、ラスクロのカードはそこまで大量のテキストが書いてあるわけではないので、だいたいのカードは見れば基本的な使用法がそれとわかるようになっているのですが、《水馬の群れ》は自分はまったく使用方法を思いつかず、記事を見た瞬間に、凄いなぁ、と感心してしまいました。

◇モンブラコのブロマガ (モンブラコさん; → http://ch.nicovideo.jp/5741163 )
 ラスクロに関して、「これが強い!」「あれを買っとけ!」「おまえが欲しい!」的なことを説明したサイトは多いですが、本当に初心者向けに書かれた記事は殆どありません。
 こちらのサイトは、初心者に非常に丁寧に書かれています。
 丁寧というのは、決して簡潔でも簡潔でもないし、わかりやすいとは限らないのですが、兎に角いちから見ていけばわかるように書いてあり、有用です。
 《ギザの傭兵酒場》について考察されていましたところで5弾で《アルバネスの戦士酒場》が出たことに対する感想を訊きたいです。

果てしなく長いにわか坂 (liumさん; → http://suitou.diarynote.jp/ )
 よろりうむ。CARTE時代から見てました。当たり前のようにゴールドプラチナとか書いてあって意味がよくわかりませんね? 自分はシルバー行くために青色吐息TMレボリューションでした。

イースラのアカデミー (みついさん; → http://easla321.blog.fc2.com/ )
 いっつぁれじぇんど。

4 コメント :

  1. 義経は時代IVだとランプでパワーが1000上がっちゃうので関羽避けにはなりませんよ

    返信削除
    返信
    1. >サラダさん
      >>義経は時代IVだとランプでパワーが1000上がっちゃうので
      コメントありがとうございます。時代に伴うパワー変動を忘れてました。まいがっ。
      まるで最近《源義経》使ってない人みたいなミスですね。ちょっと補記しました。

      削除
  2. 相変わらず面白いデッキを考えるなぁとしみじみ
    デッキレシピを公開するブログは数あれど、ここはカード使い方が面白かったり面白いカード使ったりで更新が楽しみです

    デッキレシピ記事以外にも考察や小説もかなり楽しみだったり

    返信削除
    返信
    1. コメントありがとうございます。
      基本的に雑魚で強そうなレシピ公開しても相手にされないので、数と量と愛で勝負しています。
      《理力の銛打ち》や《飛沫の踊り手》のような時代操作カードはさまざまな使い方があると思うので、ほかのサイトでも色んなコンボが開発されそうで楽しみです。

      削除

 
Toggle Footer