ここ最近の変革。

 エリアトライアルは《雷雨の呼び手 アイスラ》を使おうと考える
→もともと使っていたデッキはミッドレンジだったが、環境が早いので《アルバネスの戦士酒場》を入れてビートダウンに寄せる
《平将門》+《魂の置換》で《龍魂の戦乙女 シルヴィア》対策になるのでは、と思いつく
→《竜吉公主》入りの遅いデッキが増えて来たので、より早く殴れるように《剣山の鷹匠》や《轟き山の勇士》、《ハシシュの暗器投げ》を入れる
→青で時代錯誤すれば《ミョルニル》を時代2から振れるのでは、と思いつく (←イマココ)

 というわけでデッキです。

■橙紫t青時代錯誤ビーム
ユニット - 37 (8)

時代コスト名称PowAtkCASym枚数
1
2
虹色カメレオン
2000
2
3
1
3/3
1
2
若木の援兵
2000
2
2
1
3/3
1
2
ブーディカ
2000
2
2
1
2/3
2
2
戦刃の踊り手
カーリーン
2000
2
2
1
3/3
1
2
剣山の鷹匠
2000
+500
2
2
1
3/3
2
2
風刃のスワント
2500
2
3
2
2/3
2
2
雷雨の呼び手
アイスラ
2500
+500
2
2
2
3/3
2
3
荒ぶるワイバーン
2500
2
3
2
3/3
2
3
ゼノビア
2500
+500
2
2
2
2/3
2
8
天雷の龍騎神
イェルズ
3000
3
2
2
2/3
4
5
トール
3000
+1000
3
+1
2
2
3/3
3
2
竜吉公主
3000
2
2
1
2/3
3
3
理力の銛打ち
3000
3
2
1
3/3
1
2
風雷拳士
ファルトー
2000
+500
2
+1
2
1
1
3/3

スペル - 8 (3)

時代コスト名称CASym枚数
1-4
2
ナーシアの祖霊護り
3
1
3/3
1-4
4
巨人の剛力
2
2
2/3
1-4
1
新世の導き
2
1
3/3

ヒストリー - 5 (3)

時代コスト名称CASym枚数
1-4
1
アルバネスの戦士酒場
3
1
3/3
3-4
2
ミョルニル
2
1
2/3

 時代2で《理力の銛打ち》か《新世の導き》を使い、《若木の援兵》もしくは《戦刃の踊り手 カーリーン》を《雷雨の呼び手 アイスラ》か《風雷拳士 ファルトー》に《ミョルニル》を持たせるという説明が長いデッキ。


 一度でも時代2→3に上がって上記のコンボを成立させれば、ダメージとともに相手のユニットを破壊できるため、時代を上げる効果がそれ単体で終わらないというのがコンセプトになります。
 わりと大きいのが《ファルトー》が時代2→3で+500/+1されるという点で、相手の2000が立っている状況でも殴りにいける。


 また《アイスラ》もサイズアップするので、たとえば《アルバネスの戦士酒場》+《ドン・キホーテ》のようなダメージを1マナで回避できます。

 個々のコンボカードが2マナ以下(《理力の銛打ち》は配置は3マナだけど)わりと軽いため、時代上げる(1マナ)+ミョルニル置く(2マナ)+サイズ上げる(1-2マナ)が一気に行える……、というのも強みのつもりであったのだけれども、作っているうちに《アルバネスの戦士酒場》や《剣山の鷹匠》、《天雷の龍騎神 イェルズ》のような明らかにビートダウンのカードが入ってくる


 というのも3色のコンボデッキであるため、うまく回らないときに《ファルトー》頼みになり、その《ファルトー》を活かすために単純なパンプアップ方法を増やした、という有様なのでした。

 結局のところ安定せず、これなら→白紫t青で《エクスカリバー》振るったほうが面白いな、ということでエリアトライアルに向けてのデッキ構築は暗礁に乗り上げるきょうのわんこなのでした。

0 コメント :

コメントを投稿

 
Toggle Footer