マンスリーのタイムシフトを見ていたら、「《魔心眼の風来剣》でLOさせられる」という話が出ていたので組んでみることに。

 と書いてあったメモを発見する。組んでねぇじゃねぇか!
 マンスリーっていつのマンスリーだろう。たぶん10-11月くらいのマンスリーの公式配信だと思います。まぁせっかくネタが見つかったのだし、デッキを組むことに。

 キーカードは3枚。

 押忍! ダメージ通せばトップ1枚を葬る! おまけに全体ダメージのおまけつき! LO狙うデッキで殴らなきゃ駄目とかおまえは何を考えている! 愛と悲しみの《マスターシノビ ヒバナ》!


 押忍! 発展時に相手の手札にユニット以外があればそれを捨てさせて1枚ドロー! でもたいていユニットしかいないのよね! 捨てられるときに限って厄介なの引かれるし! 滝先生! 《魔心眼の風来剣》!


 押忍! CBでぼくもきみも1枚ドローだよ! ていうか手札に来たらこんなのどうすんの!? 吐き捨てたい諸行無常! 《ヨー雪原の小イエティ》!


 この3枚でお送りします。

 真面目に考えると、デッキが50枚で最初に1枚時代ヤードへ、5枚が手札へ。相手が先攻だと、1+5+2X-1 > 50なので何もドローがなくても22ターンくらいでデッキが切れる。ドローや追加CCを5-6回程度しても、せいぜいLOが3ターン早まるくらいで、それでもやっぱり時代4到達後10ターン程度は耐えなければならない。

 そうするとある程度チャンプブロックの用意などが欲しいのだけれども……、はて何かあったかな、と見ていくとまず目についたのが《空中霊園 パンデネア》で、《西風の銀翼 ラムール兄弟》を組み合わせると毎ターンコストなしで【ゴースト】を1体呼び出せる。
 白ならライフゲインや《光縛術の完成》もあるし――などと白を採用したくなるところだけれども、白を入れてしまうと4色になってしまい、色拘束がだいぶんきつい。青を外せば良いのだけれども、明らかに異彩を放つ《ヨー雪原の小イエティ》を抜くといよいよ何のデッキかわからなくなってしまうので外したくない。

 しかし【ゴースト】をチャンプブロッカーとして悪くはないな、と思いながらカードを探していくと、とあるカードが目に入る。《キカの鼓舞》である


 これなら【ゴースト】がいくらでも出せるわけで、しかもドローせずにCAヤードからユニットも出せるため、足りなくなりがちなリソースも補充できる。

■黒紫青光碧LO

時代コスト名称CA枚数
ユニット - 36
12バステト22/3
黒黒23魔心眼の風来剣2B2/3
黒黒25恐冥の戦導姫
キカ
2H1/3
黒黒黒36死哭の戦乙女
クロエ
21/3
黒黒43慟哭城の主
パルテネッタ
21/3
12赤弾の騎馬射手23/3
24チェシャ猫2H3/3
紫紫23マスターシノビ
ヒバナ
22/3
紫紫25情炎の戦導姫
アヤノ
2H2/3
12冬を呼ぶ霜色翼2H3/3
12氷獄の大公主22/3
22霜色衣の時魔導師2H2/3
青青23ヨー雪原の小イエティ2H3/3
青青23スカイスキッパー
フィニー
21/3
青青25理性の戦導姫
ロゼル
2H2/3

12火葬する屍鬼33/3

12炎剣の豪胆者33/3
スペル - 11
1-2
3-4
2魔血の刃22/3
1-42黒墳墓の夢破り2H2/3
1-42限定された死22/3
黒黒1-44哀念の神隠し22/3
黒黒1-3
4
5完全なる眠り21/3
1-42勇炎烈火槍2H2/3
ヒストリー - 3
1-41キカの鼓舞3H3/3


 というわけで《冬を呼ぶ霜色翼》などの時間稼ぎ要素なども追加してまずデッキができあがる。主に光碧を中心として、除去やワイプ凍結をちょこちょこ。

 除去はそこそこ入ってはいるけれども、全体的な速度はそこまで遅くはなく、そもそも《マスターシノビ ヒバナ》とかいう謎のカードのせいである程度早い動きもできるので、相手が遅いデッキだったら殴っていってプレッシャーをかけ、早いデッキだったら受けに回りながらコントロールする。殴り切るのが難しそうならLOで勝つ、というように動きを切り替えたい。

 《魔血の破戒騎士 ゼスタール》や《清少納言》でATKを下げて時間を稼ぐという案もあったけれど、《ゼスタール》は誰かが殴らないと進行値が貯まらないし(《マスターシノビ ヒバナ》は見ないフリ)、《清少納言》はなんかアレなので不採用。

 あとは《冬夜の夢魔女》や《凶夢の占い師》でハンデスして相手の動きを阻害するという案もあったけれども、これだと元の枠を大きく逸脱することになりそうなので――光碧止めよう。


 というわけで方向性を急旋回させ、デッキを解体して光碧ではなくハンデスで組み始める。おい天空デイリーまであと12分だが大丈夫か。


■黒紫青LOハンデス

時代コスト名称CA枚数
ユニット - 37
13夢魔女の使い魔22/3
黒黒23凶夢の占い師23/3
黒黒23魔心眼の風来剣2B3/3
34血涙沼のバンシー32/3
黒黒36夢霞の外套
ブロキナケト
22/3
黒黒黒36死哭の戦乙女
クロエ
21/3
黒黒43慟哭城の主
パルテネッタ
21/3
12赤弾の騎馬射手23/3
23忍び弓の達人
ハヤセ
32/3
24チェシャ猫2H2/3
紫紫23マスターシノビ
ヒバナ
23/3
12凍てつきの精霊2B2/3
青青23スカイスキッパー
フィニー
21/3
青青23ヨー雪原の小イエティ2B3/3

12暗雲の海賊団32/3

12炎剣の豪胆者32/3
黒黒
青青
34冬夜の夢魔女23/3
スペル - 12
1-3
4
1大凶兆33/3
1-2
3-4
2魔血の刃22/3
黒黒1-44哀念の神隠し22/3
黒黒1-3
4
5完全なる眠り22/3
1-2
3-4
1大極風33/3
ヒストリー - 1
黒黒1-45深淵の黒雷21/3

 ハンデス! LO! 以上!
 天空デイリーにも滑り込みセーフ(完成時刻20時59分33秒)だったので早速実戦。 

1戦目 VS.紫単ビート 後攻○
 初手のCCが《ヨー雪原の小イエティ》で「うっひょー! デッキ削ってやるぜー!」などと言っていたら《陽炎の精》→《鎮魂の道士》→《神炎宰相 ユウファ》+《竜火樽の投擲》でガリガリ削られる。速攻相手に手札のサービスしている場合じゃなかった。

 それでも《冬夜の夢魔女》2連打で《闘竜気法》を2枚捨てさせたうえ、【ゴースト】と《慟哭城の主 パルテネッタ》の【ゾンビ】が壁になりつつ《スカイスキッパー フィニー》でワイプさせて勝ち。

2戦目 VS.青紫光碧 先攻×
 マルチSS有りの《曹操》+《紫帯の気功剣士》誘発2回+《神炎宰相 ユウファ》のアタックも合わせて4手目のみで13点削られて、《曹操》除去札が無く無事死亡。

 初手で《哀念の神隠し》をSSに埋めてしまったのがいけなかった。「《命運を食らう古竜》が出てきたら困るよね」などと言いつつ埋めたのですが、警戒するのそっちじゃなかった。

3戦目 VS.白黒青コントロール 先攻×
 序盤、マナが出ない状況で《不思議の国のアリス》に《魔血の刃》撃つタイミング逃して《チェシャ猫》で《ノアの方舟》割るのがあんまり美味しくなくなる。

 ちょろちょろ《大凶兆》と《凶夢の占い師》でハンデスしていたものの、前半凌ぐことしか考えていなかったせいで《砂エルフの射手隊》が除去できなくなり、どこどこ殴られて負け。

 1-2。

 《マスターシノビ ヒバナ》でライブラリ削るとか無かった。というか一度も出なかった。

 《ヨー雪原の小イエティ》は(意味があったかどうかはともかく)CB発動したけれど、《魔心眼の風来剣》も一度も出なかったので重症である。手札にあっても、わざわざ出す理由が薄いのだよなぁ。LOとかないし。

 使うのならばどうにかコスト踏み倒しでもしないと……、ん? これ『制圧』持っているな。ということは《破心の銅鑼打ち》で出る。 
 

 ユニットをコスト踏み倒しで出し、余ったコストでハンデスを行う。あ、あとは《ジークフリート》みたいに相手のメイン1で誘発する効果があれば天空版→0ハンドロックが作れるのに……! と歯噛みするきょうのわんこなのでした。ハンデスは相手の選択肢減らしていやがらせできるので楽しいです。


0 コメント :

コメントを投稿

 
Toggle Footer