11-104C《腐食》
「これが本当の、宝の持ち腐れってね。」
~腐食の呪詛師~



《黄金の宿命 アルマイル》は痺れる両手を振った。大盾で散弾銃の弾丸を受け止めたわけで、いかに貫通しなかったとはいえ、かなりの衝撃を受けた。幌馬車から飛び降りたので、脚も。
「レリー! 無事か!?」
 簡素な駅馬車停留所に座り込む銀髪の少年のもとへと駆けよる《ベル・スタァ》の背中を見送りながら、アルマイルは死体――血だまりの中に細切れになった肉片や骨がそう呼べるのであればだが――の近くに落ちていた二弾込めの切詰散弾銃(ソウドオフ・ショットガン)を拾った。弾丸も死体のそばに落ちていたので、それを装填する。
「ベル………」
 レリー少年は涙目だった。瞳が潤み、頬が赤く染まっているだけ、長髪や可愛らしい顔立ちも相まって女の子にしか見えないが、それはともかくとして、見たところ傷はないようだった。むしろ怪我をしていたのは、彼に抱き着かれたベルのほうだった。
 痛い、と小さく悲鳴を上げるベルから、慌ててレリーは離れた。「ベル、大丈夫? どうしたの?」
「腕が折れた。折れてる。たぶん。脱臼かもしれんが。いや、折れてるかな。くそ(ファック)、痛い」
 とベルは利き腕である右腕を抑えて唸る。怪我は、幌馬車が倒れたときの衝撃のせいかもしれない。あの腕で〈ワイルド・ビル〉に幌越しに拳銃で全弾命中させていたうえ、ガトリングガンまで振り回したのだから驚異的だ。彼女の金色に光る眼は、既に元通りの碧眼に戻っていた。
「ごめん、ベル……。ぼくのせいで――」
「まったくだ、おまえのせいだ、くそ馬鹿め。くそ、くそ、酒が飲みたい。ああ、もう、浴びるほど。あと金も。札束風呂に入りたい」
 ぶつぶつと文句を言って座り込もうとするベルに、レリーが肩を貸して立たせる。「帰ろう」
「帰るよ。くそ、いくら貰っても割りに合わないな、これは。くそ。くそめ」

 いくら辺鄙な場所の停留所とはいえ、陽の高い真昼間だ。このままここにいては、また面倒事に巻き込まれかねないため、さっさとこの場を去るというのはアルマイルも賛成だ。いちおうオルバランの王家の徴収であることを伝えつつも、実質的には駅馬車強盗紛いのことまでしてしまったので、この地方の警備隊や騎士団が出てくる可能性もある。アルマイル本人を知っている相手が来れば話は楽だが、そうでなければアルマイルを信用してもらえないかもしれず、大きな足止めを食うことになる可能性もあるのだ。
 だがここを立ち去るまえにふたつ、確認しておくべきことがあった。

「《ベル・スタァ》。この〈ワイルド・ビル〉の死体はこのままでいいのか?」
 とアルマイルは散弾銃に拾った弾丸を籠めながら尋ねた。
「あ? 知らんよ」とベルはアルマイルの問いに振り返りもせずに答える。「なに、どうにかなってる? まだ動いていたりすんの?」
「いや、再生する様子はない。だが――」
「どっちにしろ、お嬢ちゃん、黄金はもうないんでしょ? だったらどうしようもない。もともと狙われてんのはあんただし、わたしはもう帰る。くそ、お嬢ちゃん、酒持ってない?」
 ベルの言う通りで、魂石化を外して黄金銃を馬に対して使ってしまい、適当な大きさの黄金が手元にないのではどうしようもない。念のため、アルマイルはその肉塊に向けて斧を叩きつけた。〈ワイルド・ビル〉の血と肉片が飛び散った。
「それともうひとつ」
「あ、なんだよ、お嬢ちゃん? くそ、わたしはもう――」
「《ベル・スタァ》。犯罪者の逃走幇助や金品授受、その他犯罪幇助の疑いであなたを逮捕する」

 切り詰め散弾銃の銃口を背中に向けられ、《ベル・スタァ》はようやく振り向いた。
くそ(ファッキン)お嬢ちゃん、自分がなに言ってるか理解してる? それともあんたはくそうんこなの?」
「いまいち意味がわからんが、自分が何を言っているのかは理解している。あんたは犯罪者だ」
「で? あんた、自分が助けてもらったってことを理解してる?」
「理解している。が、それとこれとは別問題だ」
「この――」
 歩み寄ろうとしたベルの足元に向けて、ベルは散弾銃を撃ち放った。散弾ならともかく、一粒弾なので狙うのはそう難しくはない。砂埃が舞い上がる。
「あと一発なので、次は警告ではない。抵抗するなら、あなたを撃つことになる」
 抵抗されたとしても、片腕が折れたその状態ではろくに動けないだろうが、とまではアルマイルは言わなかった。

「逮捕だ? なに、くそお嬢ちゃんはくそ真面目に言ってるわけ?」
「実は、真面目ではない。取り引きができればそうしたいと思っている」
「取り引き?」
 ベルの表情が歪む。このように銃で脅しておいて、何が取り引きだ、とでも言いたのだろう。
「ああ、取り引きだ。あなたがわたしの欲しがっているものを持っていたら、それを渡してくれ。いや、貸してくれ。そうしてくれたら、あなたの〈ヤンガーズ・ベンド〉での犯罪者の逃亡幇助も、そちらのレリーの存在も、おそらくはオルバランの軍から脱走したのであろうあなた自身のことも――少なくともわたしの中では不問にする。今後の犯罪行為についてはその限りではないが」
「ぐだぐだ言ってないで、なにが欲しいわけ? 言っておくけど、価値があるもんなんてわたしは持っていない。もう、ね。あんたがあの黄金銃を無駄撃ちしちゃったんだから。言っておくけど、失敗したとはいえあんたが使ったんだからあの銃の代わりの黄金もきちんと――」
「ベル」
「あ? なに?」
「だから、ベルだ」
「なに、わたし? わたしが欲しいって? わたしは、こんなふうに腕も折れてて、戦えないし……あんたの同行者には――」
「違う。ベルを寄越してほしい」
《目覚めし黄金覇者 アルマイル》は愉快な気持ちを抑えきれなかった。初めて、目の前の女――召喚英雄が唖然と取られた顔になるのを見たのだから。
 




前へ

0 コメント :

コメントを投稿

 
Toggle Footer